ハーヴェストミュージックのオフィシャルブログ・ハベログ

福島市のパセオ通りにあるCDショップ「ハーヴェストミュージック」のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T-SMILEオンエア情報5月5週目

今週お送りしました楽曲は
ロバート・マイルズの「チルドレン」でした

この曲は、番組中でもチラッと触れましたが、
発売から年月が経った現在でも
さまざまな番組中のBGMとして使用されている
密かなタイアップヒット曲です

特にドキュメンタリーのBGM.として流れる事が多いようです
僕も以前たまたま観た番組の中、
感動的な場面で非常に効果的に使われているのを見たことがあります

ただ、TV番組のBGMって余程のことがない限り
オープニングやエンディングとは違って
画面上に曲名もアーティスト名もクレジットされないので
気になっても自力で調べる手段がほぼ無いんですよね

この曲は何かで使用される度に
インターネット上のQ&Aサイトに問い合わせが集中する曲なんだそうです
cddate 0013599

綺麗なピアノの旋律の反復がとても印象的な
「ROBERT MILES/DREAMLAND」
BMG JAPAN BVCP-993 

スポンサーサイト

いよいよ今週・・・迫る!

いえ・・・何かって言うと

当店主催のJAZZライブ

「東京銘曲堂 in KINGS MATCH BOX」が、です



いよいよ今週末5月30日の金曜日

福島市大町にある「KINGS MATCH BOX」さんをお借りして

日本JAZZ界のファースト・コール・ミュージシャン三人による

スペシャルユニット「東京銘曲堂」(TMD)が初の福島ライブを行います


チケットは、あと残り数枚・・・

よりリラックスした雰囲気で楽しんでいただく為

限定80名様でチケットは売り止めにいたします


スタンダードナンバーを演奏する為に結成されたTMD 

ベテラン凄腕ミュージシャンが

SAX,GUITAR&WOOD BASSの編成で織り成す

至高の銘曲の数々を是非ご堪能下さい

T-SMILEオンエア情報5月4週目

今から11年ほど前に発売されたトリビュートアルバム
「西城秀樹ROCKトリビュート~KIDS WANNA ROCK~」 より

スペシャルユニットFUMIHIKO KITSUTAKA 'S ゛LOLA"で
「傷だらけのローラ」をお送りしました

ドラムは小畑ポンプ(元すかんち)
ベースは満園庄太郎(元WILDFLAG)
ギター&リ-ダーで橘高文彦(元筋肉少女帯)
なかなかの通好みな面子を従えて
笑っちゃうほどハマってる歌声を聴かせてくれているのはガクトでした

他に収録されているのは
松岡充&都啓一(SOPHIA)+岡野ハジメによる「Y.M.C.A」
ザ・ハイロウズによる「情熱の嵐」など全11曲

しかし、改めて参加メンバークレジットを見ると
ジャパメタ度(ビジュアル系度)の高いアルバムですね
AKIRA(YOUTHQUAKE)、KATSUJI(GARGOYLE)
仙波さとみ、中村美紀(.SHOW-YA)、真矢(LUNA SEA)
KENICHI(Valentine D.C)、森重樹一、宮脇”JOE"知史(ZIGGY)
ダイヤモンド・ユカイなどなど・・・

企画者である大島暁美さんの人脈の賜物といったところでしょうか

今となっては、ほぼ廃盤同然の商品なので
店頭で見つけたらファンは即ゲット!な1枚です
cddate 0013598

このジャケ絵柄ではパッと見気付かないかも~
「西城秀樹ROCKトリビュート~KIDS WANNA ROCK~」
BMG JAPAN BVCR-794

T-SMILEオンエア情報5月3週目

今週お送りしましたのは
来たる来月の「父の日」を盛り上げるべく選曲した
父と子の絆をモチーフにしたアルバム「ファーザーズ・ラヴ」より
リチャード・マークス「ザッツ・マイ・ジョブ」でした

このアルバムは
LAに拠点を持つスムース・ジャズのレーベルRENDEZVOUSからリリースされたオムニバスで
「父親の存在の大切さ、家族の絆を築く父親」をテーマに
フィル・コリンズ、マイケル・マクドナルド、スモーキー・ロビンソンら
そうそうたるミュージシャンが楽曲を提供したプロジェクト作品です

何故か「母の日」に比べて
幾分盛り上がりに欠けるような気がする「父の日」
「母の日」にはカーネーションやエプロンを贈るとか、明確な必須アイテムがあるのに
「父の日」は今いち何をあげるべきかしっかりとした定番も定められていない為
次第にプレゼントを考えるのもおっくうになり・・・

そんな哀愁漂う「父の日」に
愛に溢れたこのアルバムをプレゼント
・・・なんてのも良いかも 
jumee☆shy2
cddate 0013597

心が暖かくなる曲が沢山
「a father's love/V.A」
VIDEOARTS MUSIC VACJ-1003 \2,415
 

T-SMILEオンエア情報5月2週目

「ちょっと気を抜くと更新が遅れ遅れで滞りますなぁ」
って他人事みたいに言ってますが・・・反省

今朝、まさに本日お送りしました曲は
サンタナの「ホールド・オン」でした

先週がクラプトンで今回がサンタナ・・・かなりレイドバックした番組になってまいりました
なるべく幅広いジャンルで偏りの少ない選曲をと思いつつも
迷うとどうしても自分の得意分野にいってしまいますね

ただ、洋楽ロックの括りの中でも
もっともっと「こんな曲聴いてほしいな」「この曲良くないですかぁ」と
紹介したい曲が多すぎるんですよね

だから今回も悩みつつも楽しく(?)選曲しました

この「HOLD ON」は発表当時MTVなどでも結構流れてスマッシュヒット
従来のファンからのウケの悪い、らしくないと評されたディスコ調のナンバーです

この時期のサンタナは
割りとコンパクトでヒットポテンシャルの高い作風にシフトしている頃ですね
アルバム「marathon」「zebop」そしてこの曲を収録した「shango」と同系統が続き
極めつけのPOPソングとしてこの「HOLD ON」が世に出たわけです

僕はこのあたりのサンタナ
けっして嫌いじゃないです。というか、むしろ好きです
きっと真っ当なサンタナファンじゃないからなんでしょうね
商業的過ぎるとか批判を受けた時期でもありますが
1作品としてみればラテンとロックとポップスを合わせたバランスも良いですし
サンタナ自身のギターソロも長尺ではありませんが、曲調に合ったツボを捉えた出来だと思います

残念ながら現在は、この時期のアルバムにあまりスポットを浴びる機会が無く
なかなかオリジナルCDの再発も実現しませんね

是非リマスター音源での再発を期待しています

cddate 0013596

このジャケットは限定のベスト盤STARBOXのものです
「HOLD ON」収録のベストは現行商品としては下記の商品となります
「SANTANA/THE ESSENTIAL」
SICP-287 \3,780(2CD) 

T-SMILEオンエア情報5月1週目

「あっ」と言う間にGWも無事終了
連休疲れの方も多いんでしょうが
さあ、張り切って行きましょう

ふくしまエフエム木曜日 福島トヨタ「T-SMILE」音楽情報
5月1回目の放送にてお送りしましたのは
エリック・クラプトン「バッド・ラブ゙」でした

ハードでブルージーなイントロ
やや張り気味で、かつ味のある歌声
曲後半にかけての高揚感はベテランの凄みを感じさせます
近年のLIVEでも頻繁にプレイされる人気曲ですね
89年リリースのオリジナルアルバム「ジャーニーマン」収録のナンバーでした

アンプラグドの大ヒット以降
AOR系ばりの渋いバラードシンガー的な人気と評価を得たクラプトンですが
当たり前ですが「3大ギタリスト」
やっぱり奔放に弾きまくる姿が最高にかっこいいですね

cddate 0013595
ベストアルバム
「ERIC CLAPTON/BEST OF」
WPCR-10600 \2,520
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。